代謝を上げる 方法 お風呂

代謝を上げるお風呂の入り方

代謝を上げる,方法,お風呂
代謝を上げたいと思っているであればお風呂の入り方に工夫したほうがいいでしょう。

 

女性はお風呂が好きという人は多いですが、男性はお風呂があまり好きじゃなくてシャワーで済ましてしまう人もいるのではないでしょうか?

 

シャワーでパパッと出てしまうのであれば、代謝がなかなか上がっていかないでしょう。

 

今回は代謝を上げるお風呂の入り方についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

目次
開く閉じる

 

お風呂に入る前に水分を取る

まず代謝を上げたいのであればお風呂に入る前に水分を取ることをおすすめします。

 

なぜならお風呂に入る前に水分を取っておけば、汗をかきやすくなるからです。ただし水分はがぶ飲みせずに、コップ1杯ぐらいにしておきましょう。あまり水を飲み過ぎると血圧が上がることがあるので体によくありません。

 

また普通の水でもいいですが、炭酸水を飲むこともおすすめです。なぜなら炭酸水を飲めば体内に炭酸ガスが増えて、体は酸素が少ないと認識して血行をよくしようと働きかけるからです。

 

少し熱めにして汗をかく

お風呂はちょっと熱めにして、少しでも汗をかくように心がけましょう。

 

お風呂のお湯の温度は、だいたい40度前後で、20分以上浸かればいいでしょう。20分浸かるといっても連続してではなく、合計で20分でいいのです。

 

お風呂に入っていて辛いなと感じたのなら出てもまったく問題がないのです。

 

重曹や塩を入れる

温浴効果を高めるために重曹や塩を入れておくことはおすすめです。

 

重曹や塩を入れて、お風呂に浸かるだけでも発汗作用は凄いので、代謝を上げることができるのです。またお肌がツルツルになりやすいので、おすすめです。

 

たまには温泉に行こう

家のお風呂に入ることもいいですが、たまには温泉に行くもの代謝を上げるのにはおすすめです。

 

温泉は、代謝を上げるだけではなく、体全体の血行を上げてくれるので、体のさまざまな不調を改善してくれるのです。

 

代謝を上げる温泉は、いろいろありますが、もっともおすすめなのが、ラドンが出ているところです。ラドン温泉とも呼ばれています。

 

ラドン温泉で有名なのは、有馬温泉(兵庫県)、三朝温泉(鳥取県)、るり渓温泉(京都府)などが有名です。たまの休み気分転換もかねて行ってみるのもいいと思いますよ。温泉はやっぱり気持ちがいいですからね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は代謝を上げるお風呂の入り方について詳しくご紹介しました。まあ実行することはそこまで難しくはないです。ちょっとした心がけでできることなので、試してみることをおすすめします。

 

しかしやっぱりお風呂が好きになれない、20分以上もお風呂に入っているなんて苦痛だと思うのであれば、代謝アップをサポートしてくれる金剛筋シャツを着てみるのがいいでしょう。

 

金剛筋シャツであれば、ただ着ればいいのでお風呂に20分以上ゆっくり入る必要がないので、らくだと思いますよ。

 

>>金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

 

>>基礎代謝を上げるためのウォーキングのコツは?

 

 

関連ページ

基礎代謝が低い5つの原因は?
基礎代謝が低い5つの原因は何か?基礎代謝が低いのはこれだけの原因があります。
代謝を上げるためにどんな食事を取ればいいか?
代謝を上げるために食事方法をご紹介します。代謝を上げたいならこの食べ物をとろう。
基礎代謝を上げるためのウォーキングのコツは?
基礎代謝を上げるためのウォーキングのコツをご紹介。どのようにウォーキングすれば基礎代謝は上がるのでしょうか?