脂肪燃焼 飲み物

脂肪燃焼してくれる飲み物はコレ!

脂肪燃焼,飲み物
脂肪燃焼してくれる飲み物は何でしょうか?

 

体重を減らして、体を鍛えたいと思っているなら脂肪燃焼してくれる飲み物を飲んだほうがいいでしょう。

 

そこで今回は、脂肪燃焼してくれる飲み物について詳しくご紹介したいと思います。手軽に脂肪燃焼させたいと思っているのであれば、ぜひ参考にしてください。

 

目次
開く閉じる

 

コーヒー

脂肪燃焼してくれる飲み物として定番中の定番といえばコーヒーです。

 

このサイトでも何度か書いていますが、コーヒーは脂肪燃焼するのに手っ取り早い飲み物のひとつです。

 

コーヒーのカフェインには、リパーゼという成分が含まれています。このリパーゼが、脂肪の分解を促進して燃やしてくれるのです。

 

積極的に脂肪燃焼したいのであれば、運動する前に飲むことをおすすめします。できれば運動する直前ではなくて30分〜1時間前ぐらいに飲んだほうがいいでしょう。

 

また飲む量としては1〜3杯ぐらいが適量です。あんまり飲み過ぎると睡眠障害を起こす可能性もあるので、注意が必要です。

 

コーヒーを飲むときは、ブラックコーヒーがおすすめです。当たり前ですけど砂糖をたくさん入れてコーヒーを飲んでいたら脂肪燃焼どころか太ることになります。

 

砂糖を入れないとコーヒーが飲めないのであれば、違う飲み物を飲んだほうがいいでしょう。

 

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースも脂肪燃焼してくれる飲み物としてはおすすめです。

 

グレープフルーツに含まれるヌートカトンが、脂肪燃焼を促進させるといわれているのです。またグレープフルーツの苦み成分であるナリンギンは食欲を抑えてくれることで有名です。

 

グレープフルーツジュースは、理想としては生の果物を絞って取るのがいいでしょう。しかしそれが難しい場合は、市販の100%フルーツジュースがいいでしょう。

 

間違っても糖分が多く含まれているフルーツジュースだと逆効果になる可能性は大です。

 

緑茶

緑茶も脂肪燃焼してくれる手軽な飲み物です。

 

緑茶に含まれるカテキンが、脂肪代謝を促進してくれて、脂肪燃焼してくれるのです。なので緑茶が好きな人は積極的に飲みましょう。

 

しかしこれも他の飲み物と同様で飲み過ぎると不眠や吐き気が出てきたりすることがあるので、あくまで適量を心がけましょう。

 

豆乳

豆乳は美容効果が高いため女性によく飲まれますが、痩せたい男性でもおすすめです。

 

なぜなら豆乳に含まれている大豆サポニンが脂肪燃焼をサポートしてくれるからです。また大豆サポニンは、満腹中枢を刺激してくれるので、食べすぎてしまう人にもおすすめなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、脂肪燃焼する飲み物を詳しくご紹介しました。脂肪燃焼させたいのであれば、コーヒー、グレープフルーツジュース、緑茶、豆乳などを飲むことをおすすめします。

 

ただし脂肪燃焼する飲み物といってもあくまで補助的なものなので、これだけ飲んでいれば痩せるといったことはないので注意してくださいね。

 

さらに脂肪燃焼させたいのであれば、着るだけで体をしっかり加圧してくれる金剛筋シャツをおすすめしますよ。

 

>>金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

 

>>食欲を抑えるにはどうすればいいか?

 

関連ページ

プロテインダイエットは本当に効果があるのか?
プロテインダイエットは本当に効果があるのでしょうか?プロテインダイエットの効果について調べてみました。
糖質制限の大きな問題点とは?
糖質制限はどんな問題点があるのでしょうか?糖質制限をするとこんな問題点があるのです。
食欲を抑えるにはどうすればいいか?
食欲を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?食欲を抑える方法をご紹介します。
プロテインを飲むと肝臓に悪影響はあるのか?
プロテインを飲むと肝臓に悪影響はあるのでしょうか?プロテインの肝臓へ影響についてご紹介します。
朝バナナダイエットは本当に効果があるか?
朝バナナダイエットは効果があるのか徹底的に検証しました。朝バナナダイエットは本当に効果があるのでしょうか?
レコーディングダイエットの実際の効果はどうなのか?
レコーディングダイエットの効果を徹底検証します。レコーディングダイエットが気になっているならチェックしてみてください。
タンパク質を取り過ぎるとやっぱり太るのか?
タンパク質を取り過ぎると太るのか?タンパク質を体内に入れすぎると太るかどうかご紹介します。
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミング
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミングはどうすればいいのでしょうか?筋トレするならこれだけのたんぱく質の摂取量が必要です。