加圧トレーニングの効果を高める食事とタイミングは?

加圧トレーニングの効果を高める食事とタイミングはどうすればいい?

加圧トレーニング,食事,タイミング
加圧トレーニングの効果を高めるためにはどのように食事を取ればいいのでしょうか?

 

ダイエット効果や筋力アップなどを期待して加圧トレーニングを行っている人は多いでしょう。

 

運動と食事は、ダイエット効果や筋力アップと密接に関わっています。

 

そのため今回は加圧トレーニングの効果を高める食事方法について詳しくご紹介しようと思います。ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

目次
開く閉じる

 

お腹を空かしたままトレーニングはしない

加圧トレーニングする前に何かしら食べ物をお腹に入れておくことは大切です。

 

よくできるだけ早く痩せたいからといって食事を抜いて加圧トレーニングする人がいます。食事は取らないほうが痩せやすいので、その気持ちはわかります。

 

しかし何も食べずに加圧トレーニングをすると体調が悪くなったり、貧血を起こす可能性も十分あります

 

バナナ、リンゴ、柑橘類の果物やおにぎり、うどんなどの炭水化物などを取るのはおすすめです。

 

加圧トレーニングの後は高タンパク質の食べ物を取る

次に加圧トレーニングが終わった後は、高タンパク質の食べ物を取ることをおすすめします。

 

なぜならトレーニングした後は、筋肉がブチブチ切れて、ダメージを受けているからです。ダメージを受けているところにタンパク質を取り入れると筋肉生成にすごく効果的なのです。

 

鶏肉、牛肉、豚肉、豆類、納豆、牛乳、魚、卵、など高タンパク質な食べ物はたくさんあります。

 

まあ食べ物で取るのがどうしてもしんどい、つらいのであればよく言われていますが、プロテインなどを取るのもいいでしょう。

 

炭水化物や脂肪分が多いものはできるだけ控える

一方で加圧トレーニングした後に食べ物としておすすめできないのが、炭水化物や脂肪分が多いものです。具体的にはごはん、パン、揚げ物などです。

 

なぜなら取らないほうがいいかというと加圧トレーニングした後は、成長ホルモンが異常に分泌されるので、栄養の吸収力が半端ないからです。

 

炭水化物や脂肪分などを取ってしまうとそのまま脂肪としてお腹などについてしまいます。

 

バランスのよい食事を心がけて気を抜かない

加圧トレーニングをしているとしっかり運動しているからといって食事に関して気を抜きがちです。

 

例えば今日は加圧トレーニングをしっかりしたから食べ過ぎても問題ないだろうと思ってしまうわけです。

 

何度も書いていますが、ダイエットや筋力アップは、運動と食事は大きく関係があります。

 

そのため加圧トレーニングをしているからといって食事であまりに気を抜いてしまうとなかなか効果は表れにくいです。

 

まあしっかり運動しているのであれば、食事に関してはそこまでストイックにやる必要はないですが、バランスのよい食事には心がけたほうがいいです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

加圧トレーニングをせっかくするのであれば、食事方法にも気を使ったほうがいいでしょう。そのほうが効果は表れやすいです。

 

まあそこまで実践することは難しいことはないので、必ずやったほうがいいですよ。

 

 

>>自宅で加圧トレーニングをする具体的なやり方

 

関連ページ

自宅で加圧トレーニングをする具体的なやり方
自宅で加圧トレーニングをする具体的なやり方をご紹介します。
加圧トレーニングはどの程度やればいいのか?
加圧トレーニングの頻度や時間など、どの程度やればいいのでしょうか?今回は加圧トレーニングの頻度や時間などについて取り上げます。
加圧トレーニングはそもそもどんな効果があるのか?
加圧トレーニングの効果についてご紹介。加圧トレーニングはこんな効果があるんです。