ぽっこり お腹 食事

ぽっこりお腹を解消するための食事法

ぽっこり,お腹,食事
ぽっこりお腹を解消するためにはどんな食事を取ればいいのでしょうか?

 

体型と食事というのは、非常に大きな関係性を持っています。なぜなら何の食事を取るかによってお腹の脂肪がつくかつかないか変わってくるからです。

 

そこで今回はぽっこりお腹を解消するための食事法を詳しくご紹介します。食事は日々の積み重ねなので、ぜひ読んだら実践してくださいね。

 

目次
開く閉じる

 

ドカ食いをやめて1日3食を食べる

まず基本中の基本ですが、ドカ食いはやめて1日3食の食事を取ることを心がけましょう。

 

仕事が忙しかったり、プライベートに余裕がないと朝食を抜いてしまったりします。

 

しかし食事を抜いてしまうとその分お腹がすくので、ついつい昼食、夕食で食べ過ぎてしまうことはよくあることです。

 

1日1食好きなだけ食べるダイエットが一時流行りましたが、全然効果がなかったので、すぐ廃れましたよね。

 

1回の食事で食べ過ぎてしまうとなかなか消化できずにお腹の脂肪になっていまったりするのです。

 

大切なのは1日3食を食べて、1回の食べる量を減らすのが適切なのです。

 

おやつを食べるならナッツや果物にする

ぽっこりお腹に悩んでいる人は、ついついおやつを食べすぎてしまうことは多いのではないでしょうか?

 

おやつを食べ過ぎてしまうのは、ぽっこりお腹の原因になります。

 

しかしなかなかおやつをやめることは難しいですよね。そこでおすすめなのが、おやつの代わりにナッツや果物を食べることです。

 

ナッツや果物は、体によい成分が入っているだけではなく、体内脂肪を減らしてくれる働きがあるものが含まれているのです。

 

おすすめの果物としては、オレンジ、バナナ、グレープフルーツ、キウイ、リンゴなどがあります。

 

ただしまずはおやつをやめることが大切なので、果物に関しては、まず好きなものから食べたほうがいいですよ。習慣になってきたら食べる果物やナッツにこだわっていきましょう。

 

炭水化物制限はほどほどにする

炭水化物を制限すると確かにぽっこりお腹は解消されやすいです。

 

しかし炭水化物を抜きすぎるのはあまりおすすめしません。なぜなら炭水化物に人間にとって欠かせない栄養素だからです。

 

あまりに抜きすぎると頭が回らなくなったり、体調を崩しやすくなったりします。

 

そのため適度に抜くことが大切です。今まで食べていたごはんの半分ぐらいにするなどにしてください。

 

カロリーの高いものを控えて野菜を多めに食べる

ケーキ、菓子パン、ラーメン、ファーストフード、揚げ物、焼肉などカロリーの高いものばかり食べるとぽっこりお腹になるのは当然です。

 

そのためできるだけ控えて代わりに野菜を多めに食べましょう。野菜は、体にいいだけではなく、水分が多く含まれているので、お腹が膨らみやすいです。

 

まあ野菜を食べ慣れていない人は、最初は大変ですが、慣れてくれば問題ないと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

色々書いてきましたが、参考になったでしょうか?でもなかなか実行することは大変ですよね。

 

なかなか実行するのは難しいと思ったなら着るだけで加圧してくれる金剛筋シャツはおすすめです。加圧してくれるので、お腹の脂肪をしっかり燃焼してくれるのです。

 

>>金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

 

>>ぽっこりお腹になる原因は何か?

関連ページ

男性がぽっこりお腹になる原因は何か?
男性のぽっこりお腹になる原因は何でしょうか?男性のぽっこりお腹になる原因はコレです。
ぽっこりお腹を改善する筋肉トレーニングとは?
ぽっこりお腹を改善する筋肉トレーニングをご紹介。この筋トレでぽっこりお腹を改善しよう。
猫背とお腹が出てしまうのは関係があるか?
猫背とお腹が出てしまうのは関係があるのでしょうか?ぽっこりお腹と猫背の関係性について説明します。