肥満 基準

肥満の基準はこのように決められる

肥満,基準
肥満、肥満ってよく言われるけど、どのような基準で決められるのでしょうか?

 

一般的な人は、肥満かどうかはだいたい見た目で決めている場合が多いですよね。

 

しかし肥満の基準は、ある程度決められているのです。自分が肥満かどうか気になるならよく読んでもらえればと思います。

 

実は肥満といっても様々なタイプもありますし、見た目だけでは判断できないこともあるのです。

 

目次
開く閉じる

 

指標としてよく使われるのはBMI

一番スタンダードの肥満の指標として使われるのがBMI(ボディ・マス・インデックス)だと思います。具体的に知らなくても名前を聞いたことはあるのではないでしょうか?

 

BMIは、近代統計学の父ともいわれるアドルフ・ケトレーが1835年に開発したものです。

 

BMIの計算方法としては、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)です。すごくシンプルですよね。例えば身長170pで体重が65sであればBMIは、22.5になります。

 

日本ではBMI25以上が肥満だと定義されている

 

BMIは、世界中で使われている肥満基準です。しかし国によって肥満基準が違っています。

 

WHOでは肥満になるのはBMIの数値が30以上です。しかし日本ではBMIの数値が25以上が肥満として定義されることが多いです。

 

なぜ25以上に決めているかというとそれを超えると様々な病気を発症する可能性が高まっているからだそうです。

 

日本肥満医学会が肥満基準は以下のとおりに決めています。

  • 18.5未満は、低体重(やせ)
  • 18.5以上から25未満は、普通体重
  • 25以上から30未満は、肥満(1度)
  • 30以上から35未満は、肥満(2度)
  • 35以上から40未満は、肥満(3度)
  • 40以上は、肥満(4度)

 

特に最近新しい基準が増えてBMI35以上は、高度肥満に定義されるようになりました。高度肥満はより注意が必要となるということです。

 

体脂肪率も大きな指標のひとつになる

肥満の場合は、体重ばかり気にする人も多いですが、体脂肪率も気を配る必要があります。

 

なぜなら体脂肪率が高いと高脂血症、高血圧などあらゆる病気を引き起こす原因になるからです。

 

男性の体脂肪率に指標としては以下のとおりです

  • 10%以下 やせ
  • 11%から21% 標準
  • 22%から26% 軽肥満
  • 27%以上 肥満

 

隠れ肥満はウェストサイズがひとつの基準

最近注目を浴びているのが内臓脂肪です。

 

見た目では痩せているのに内臓脂肪が多いタイプは、隠れ肥満ともいわれています。内装脂肪が多いとあらゆる病気を引き起こすので注意が必要なのです。

 

内臓脂肪蓄積の指標としてみられるのが、ウエスト周囲長が男性の場合85p以上となっています。

 

もし痩せているにも関わらずウエスト周囲長が85p以上あるなら隠れ肥満の可能性は十分あります。

 

肥満基準にひっかかるならダイエットはすべき

ときどき肥満の基準の数値はあてにならないからダイエットなんてしなくていいといわれることがあります。

 

しかしそれはとんでもない勘違いです。膨大な数値のもとに優れた研究者が出した結果なわけですから肥満基準に引っかかっているなら必ずダイエットすべきなのです。

 

もし少しでも引っかかっているなら今すぐダイエットを始めましょう。そうしないと後で痛い目に遭うのは目に見えています。

 

>>脂肪燃焼してくれる手軽な飲み物は?

 

関連ページ

体脂肪を減らしたい男性がやるべき4つのこと
体脂肪を減らしたい男性がやるべきことはコレ。体脂肪を減らすならこれをしよう。
30代男性のためのダイエットを成功させるコツ
30代男性がダイエットを成功させるためにはどうすればいいのか?30代男性のためのダイエットを成功させる方法をご紹介します。