タンパク質 摂取量 筋トレ

タンパク質の摂取量とタイミングは?

タンパク質,摂取量,筋 トレ
筋トレするのであればタンパク質をしっかり摂ることはおすすめです。

 

なぜならタンパク質は、筋肉の材料になるからです。どれだけ筋トレしても材料であるタンパク質がないとなかなかついてこないのです。

 

そこで今回は筋トレ効果を高めるためのタンパク質の摂取量とタイミングについて詳しくご紹介致します。

 

筋トレしてしっかり筋肉をつけて痩せたいと思っている方はぜひチェックしてください。

 

目次
開く閉じる

 

タンパク質は多めに摂るべき

もしあなたが筋トレしている、また筋トレを今後やって痩せようと思っているならタンパク質は多めに摂るべきです。

 

なぜなら筋トレすることによって筋肉が破壊されているからです。筋肉が破壊されているので、それを修復するためにはタンパク質が必要になってきます。筋肉を修復することによってより強くなっていくのです。

 

筋トレを普段から行っている人は、1日の摂取量として体重1キロあたりタンパク質は2g必要といわれています。もし体重が70キロであれば、1日140g必要になっています。

 

タンパク質の含有量としては100gあたり以下の通りです。

  • 牛肉 24.5g
  • 鶏ささみ 23.0g
  • スモークサーモン 25.7g
  • カツオ 25.8g

 

筋トレ後がおすすめ

筋トレ効果を高めるためには、筋トレした後にタンパク質を摂ることをおすすめします。

 

なぜなら筋トレ後は、筋肉は破壊されているので、必死に修復しようと努めるからです。そのときにタンパク質を摂ればより効果は高められるのです。

 

また筋トレ前は、タンパク質ではなくパンやご飯など炭水化物をしっかり摂っておくことはおすすめです。

 

なぜならエネルギー補給になって筋トレに集中することができます。また筋肉を分解してエネルギーになってしまうのを防ぐことができます。

 

プロテインの力を借りるのもひとつの手段

もしなかなか思ったようにタンパク質を摂ることができないのであれば、プロテインの力を借りるのもひとつの手段です。

 

筋トレした後にプロテインを摂る人は多くいます。しかしプロテインを飲み過ぎると肝臓を傷めることがあるので注意が必要です。

 

プロテインを飲むと肝臓に悪影響はあるのか?

 

できれば食べ物からタンパク質をしっかり摂ったほうがいいでしょう。

 

腸内環境の改善に努めよう

筋トレして普通の人よりタンパク質を摂るのであれば、腸内環境の改善に努めることが大切です。

 

なぜならタンパク質は、消化するのに時間がかかり、胃への負担が大きいからといわれているからです。

 

ヨーグルト、チーズ、ピクルスなどの発酵食品やバナナ、大豆、牛乳などのオリゴ糖を含む食品を積極的に摂りましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

筋トレ効果を高めるのであれば、タンパク質は多めに摂りましょう。そして筋トレ後に摂ることをおすすめします。

 

>>プロテインダイエットは本当に効果があるのか?

 

関連ページ

プロテインダイエットは本当に効果があるのか?
プロテインダイエットは本当に効果があるのでしょうか?プロテインダイエットの効果について調べてみました。
糖質制限の大きな問題点とは?
糖質制限はどんな問題点があるのでしょうか?糖質制限をするとこんな問題点があるのです。
食欲を抑えるにはどうすればいいか?
食欲を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?食欲を抑える方法をご紹介します。
プロテインを飲むと肝臓に負担はかかるの?
プロテインを飲むと肝臓に負担はあるのでしょうか?プロテインの肝臓へ影響についてご紹介します。
朝バナナダイエットは本当に効果があるか?
朝バナナダイエットは効果があるのか徹底的に検証しました。朝バナナダイエットは本当に効果があるのでしょうか?
脂肪燃焼してくれる手軽な飲み物は?
脂肪燃焼してくれる飲み物は何か?脂肪燃焼したいのであればこの飲み物を飲もう。
レコーディングダイエットの実際の効果はどうなのか?
レコーディングダイエットの効果を徹底検証します。レコーディングダイエットが気になっているならチェックしてみてください。
タンパク質を取り過ぎるとやっぱり太るのか?
タンパク質を取り過ぎると太るのか?タンパク質を体内に入れすぎると太るかどうかご紹介します。