タンパク質 太る

タンパク質を取り過ぎると太る?

タンパク質,太る
最近糖質制限ダイエットなど流行っており、一方でタンパク質はよく取ろうといわれますよね。

 

しかしひとつ疑問が出てきて、タンパク質を食べ過ぎても太らないの?と思う人も多いでしょう。

 

そこで今回はタンパク質取り過ぎると太るのかどうか?について取り上げたいと思います。ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

目次
開く閉じる

 

そもそもタンパク質とは何でしょうか?

タンパク質とは何でしょうか?

 

今更タンパク質のことなんて誰もが知っていると思うかもしれません。しかしいざタンパク質について聞かれたら答えられない人もいるでしょう。

 

タンパク質とは、炭水化物、脂質とともに三大栄養素のひとつといわれています。人間が生きていくためには絶対に欠かせない栄養素です。

 

タンパク質は、人間の身体を作る上で求められる栄養素で、主にアミノ酸から作られているといわれています。

 

タンパク質は、動物性と植物性に分けられています。動物性は、肉、魚、乳製品などです。一方植物性は大豆、豆腐、納豆など豆類などです。

 

タンパク質は、体を作る材料なわけですから絶対に欠かせないものなのです。

 

そもそもなぜ太るのか?

また次に、人はなぜ太るのでしょうか?このことについても意外とわかっていない人は多いです。

 

太る原因は、食生活の乱れ、運動不足、便秘、ホルモンバランスの乱れなどさまざまあります。

 

しかし単純に書いてしまえば、摂取カロリーが消費カロリーより増えたときに太るのです。

 

摂取カロリーが消費カロリーより増えたときに残った分のカロリーは、エネルギーとして消費されず、脂肪になり太ってしまいます。

 

タンパク質を取り過ぎると当然太る

太る原因がわかるとタンパク質を取り過ぎると太るかどうかわかりますよね。

 

どんなものを食べたとしても摂取カロリーが消費カロリーより増えれば太ります。そのためタンパク質を取り過ぎると太るのは当然なのです。

 

それはタンパク質以外に炭水化物、脂質でも同じことです。最近炭水化物をやたら敵視している風潮がありますが、タンパク質だって同じことなのです。

 

だから米、穀類など炭水化物の食べ物を我慢しても肉、魚などタンパク質の多い食べ物をたくさん食べれば当然太ります。

 

まあすっごく当たり前なのですが、意外とわかっていない人が多いのでしっかり理解しておきましょう。

 

タンパク質に偏らずに食事を取る

痩せたいと思って炭水化物を取らず、タンパク質をやたら食べる人がいますが、あまりおすすめできません。

 

なぜなら炭水化物を抜くと一時的に痩せることはありますが、リバウンドがあったり、身体にもよくないからです。

 

もし痩せたいと思っているなら代謝を上げてくれる食事を取ったほうがいいでしょう。

 

代謝を上げるためにどんな食事を取ればいいか?

 

まとめ

いかがでしたか?

 

太る原因は、摂取カロリーが消費カロリーより増えることです。そのためタンパク質を取り過ぎたら太るのは当然ということをしっかり理解しておいてくださいね。

 

>>プロテインダイエットは本当に効果があるのか?

 

関連ページ

プロテインダイエットは本当に効果があるのか?
プロテインダイエットは本当に効果があるのでしょうか?プロテインダイエットの効果について調べてみました。
糖質制限の大きな問題点とは?
糖質制限はどんな問題点があるのでしょうか?糖質制限をするとこんな問題点があるのです。
食欲を抑えるにはどうすればいいか?
食欲を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?食欲を抑える方法をご紹介します。
プロテインを飲むと肝臓に負担はかかるの?
プロテインを飲むと肝臓に負担はあるのでしょうか?プロテインの肝臓へ影響についてご紹介します。
朝バナナダイエットは本当に効果があるか?
朝バナナダイエットは効果があるのか徹底的に検証しました。朝バナナダイエットは本当に効果があるのでしょうか?
脂肪燃焼してくれる手軽な飲み物は?
脂肪燃焼してくれる飲み物は何か?脂肪燃焼したいのであればこの飲み物を飲もう。
レコーディングダイエットの実際の効果はどうなのか?
レコーディングダイエットの効果を徹底検証します。レコーディングダイエットが気になっているならチェックしてみてください。
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミング
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミングはどうすればいいのでしょうか?筋トレするならこれだけのたんぱく質の摂取量が必要です。