レコーディング ダイエット

レコーディングダイエットの効果は?

レコーディング,ダイエット
一時期大ブームを起こしたレコーディングダイエット。

 

今更ながらですが、レコーディングダイエットの詳しいやり方。そしてレコーディングダイエットの実際の効果はどうなのか?詳しくご紹介したいと思います。

 

レコーディングダイエットがちょっとでも気になっているのであればぜひじっくり読んでもらえればと思います。

 

目次
開く閉じる

 

レコーディングダイエットとは?

レコーディングダイエットは、その名の通り記録して行うダイエットのことです。記録するものは、食べたものを記憶するということです。

 

レコーディングダイエットの火付け役は、オタキングである岡田斗司夫氏が、「いつまでもデブと思うなよ」という本の中で紹介したダイエット方法です。

 

レコーディングダイエットは、岡田斗司夫氏が考案したといわれているが、実は昔からあるダイエット方法です。食べたものを記録するだけですからもっと昔から考案されていても不思議ではないですよね。

 

岡田氏は、レコーディングダイエットを始めてなんと1年あまりで117kgから67s、体脂肪率は42%から17%へ落としています。

 

これだけ劇的な変化が、大ブームになった要因のひとつでしょう。

 

レコーディングダイエットのやり方

レコーディングダイエットのやり方は、いたってシンプルです。

 

食べたもの、食べたもののカロリー、体重、体脂肪率を日々記録していくだけです。

 

食べたもののカロリーは、いきなり書くのは難しい人もいるので、最初の1週間は食べたものを記録するだけでも問題ないです。

 

記録する方法は、ノート、スマホ、メモ帳など自分に合った方法をやればいいです。レコーディングダイエットを実行するうえで大切なことは、食べたものをしっかり記憶することです。

 

はっきり書いてしまえば、しっかり日々食べたものを記録できるのであればどんな方法でも問題ないのです。

 

やるメリットとは?

レコーディングダイエットは、日々食べたものを記録するのは意外と面倒ですが、やるメリットは何でしょうか?

 

現状把握しやすくなる

ついつい太り過ぎてしまう人は、現状をしっかり認識していないことが多いです。

 

レコーディングダイエットをすれば、普段から実際に何を食べているのか?体重、体脂肪はどれぐらいなのか?現状を把握しやすくなります。

 

日々食べるものに関して敏感になれる

ダイエットに失敗する人の多くは、無意識に食べすぎてしまう傾向があります。

 

食べるものを記録することによって、食事内容、間食などに敏感になれる可能性が高くなります。

 

記録するだけで痩せるわけではない

ではレコーディングダイエットの実際の効果はどうなのでしょうか?

 

はっきりいってしまえば、食べ物を記録するだけで痩せるほど甘くはないということです。

 

日々食べるものをしっかり記録して、現在の問題点に気づいて、食生活を改善していけば、痩せることはあります。しかしレコーディングダイエットだけじゃ物足りないと思います。

 

実際レコーディングダイエットを提唱した岡田斗司夫氏は、あれだけ劇的に痩せましたがその後リバウンドして、現在は太ったままです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

レコーディングダイエットの効果は、はっきりいってそこまでないです。本当に痩せたいのであれば、記録するだけではなくダイエットするための行動を起こさないと変わらないことを理解しておく必要があるでしょう。

 

>>食欲を抑えるにはどうすればいいか?

 

関連ページ

プロテインダイエットは本当に効果があるのか?
プロテインダイエットは本当に効果があるのでしょうか?プロテインダイエットの効果について調べてみました。
糖質制限の大きな問題点とは?
糖質制限はどんな問題点があるのでしょうか?糖質制限をするとこんな問題点があるのです。
食欲を抑えるにはどうすればいいか?
食欲を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?食欲を抑える方法をご紹介します。
プロテインを飲むと肝臓に悪影響はあるのか?
プロテインを飲むと肝臓に悪影響はあるのでしょうか?プロテインの肝臓へ影響についてご紹介します。
朝バナナダイエットは本当に効果があるか?
朝バナナダイエットは効果があるのか徹底的に検証しました。朝バナナダイエットは本当に効果があるのでしょうか?
脂肪燃焼してくれる手軽な飲み物は?
脂肪燃焼してくれる飲み物は何か?脂肪燃焼したいのであればこの飲み物を飲もう。
タンパク質を取り過ぎるとやっぱり太るのか?
タンパク質を取り過ぎると太るのか?タンパク質を体内に入れすぎると太るかどうかご紹介します。
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミング
筋トレ効果を高めるタンパク質の摂取量とタイミングはどうすればいいのでしょうか?筋トレするならこれだけのたんぱく質の摂取量が必要です。