基礎代謝 ウォーキング

基礎代謝を上げるウォーキング方法

基礎代謝,ウォーキング
基礎代謝を上げるためにウォーキングは有効だとよく言われますよね。

 

基礎代謝を上げるための運動としてウォーキングは取り組みやすいので、運動不足気味の人にとってもおすすめできるでしょう。

 

そこで今回は基礎代謝を上げるためのウォーキング方法をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

 

目次
開く閉じる

 

なぜ基礎代謝を上げるのか?

まず方法を詳しく説明する前になぜウォーキングは、基礎代謝を上げるのか理解しておいたほうがいいでしょう。

 

その理由としては、ウォーキングにより足の筋肉が伸びたり縮んだりすることによって、血管を圧迫して、体全体への血液の流れをよくするからです。

 

心臓によって全身へ血液を送っています。しかし足など体の末端のほうへ血液を循環させることは心臓だけではなかなか難しいと言われています。

 

そのためウォーキングによって体の末端などの血液の巡りがよくなることで、基礎代謝が上がるのです。

 

ウォーキングのコツ

基礎代謝を上げるためにはどのようにウォーキングすればいいのでしょうか?

 

コツとしては、少し大股にして、いつものペースよりゆっくり歩くことです。またより効果的にするにはつま先で蹴らずに、太ももに力が入っていることを意識して歩いたほうがいいでしょう。

 

ときどき地面を擦って歩いている人がいますが、あまりよくありません。過度にやる必要はないですが、太ももは少し上げるつもりで歩いたほうがいいのです。

 

慣れていない人にとっては少し難しいかもしれませんが、ちょっと意識すれば改善させるので、始めはときは意識してやったほうがいいでしょう。

 

目安や歩数

ウォーキングする時間や歩数の目安はどれぐらいがいいのでしょうか?

 

まず時間としては、理想としては1日60分以上、1万歩以上あるのがいいと言われています。

 

え〜そんなにと思うかもしれませんが、続けて60分以上、1万歩以上歩く必要はないので、やろうと思えばできないこともないです。

 

ウィーキング時間が取れない場合は?

しかしなかなか難しい人も多いですよね。特に仕事が忙しかったりするとなかなかできないのが現実でしょう。

 

そこで通勤のときに、会社がある駅の1駅か2駅前で降りて歩いてみたり、駅のホームや会社の移動はエレベーターやエスカレーターを使わず階段を使ってみることをおすすめします。

 

また休日に公園などで少し多めのウォーキングをしてみるのもいいでしょう。忙しくても探せばウォーキングする時間は取ることは可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は基礎代謝を上げるウォーキング方法をご紹介しました。ほとんど運動してこなかった人は、まずは60分やらなくちゃ、1万歩歩かなくちゃと思わずにいつもよりちょっと多めにウォーキングすることから始めたほうがいいでしょう。

 

そしてウォーキングすることに慣れてきたら徐々に増やしていけばいいのです。

 

ただウォーキングするのは面倒でやりたくない、もっとてっとり早くしたいのであれば、着るだけで体幹が鍛えられ、基礎代謝を上げてくれる金剛筋シャツをおすすめします。

 

>>金剛筋シャツの公式サイトはこちら

 

 

>>代謝を上げるためにどんな食事を取ればいいか?

 

 

関連ページ

基礎代謝が低い5つの原因は?
基礎代謝が低い5つの原因は何か?基礎代謝が低いのはこれだけの原因があります。
代謝を上げるためにどんな食事を取ればいいか?
代謝を上げるために食事方法をご紹介します。代謝を上げたいならこの食べ物をとろう。
代謝を上げたいならお風呂の入り方はこうしよう!
もし代謝を上げたいと思っているならこのようにお風呂に入ろう。代謝を上げるお風呂の入り方をご紹介します。